Kouta's African Cichlids Room header_menu2.gif
   
   

ブッコクロミス・ローデシーの成魚は、非常に頭が大きく30cmを越え非常に存在感がある。魚食性でマラウィ湖では水深10m前後で生息しているようです。成魚のワイルド固体を目にしたことはありませんが、マイアミ便やドイツ便での入荷で目にする機会は多いと思います。個人的に非常に好きな魚です!
成魚はKonings氏のサイト(Cichlid Press)のフォトを見ると、ワイルドものは淡い黄色でした、ブリードものがオレンジっぽい発色になるようです。まぁどちらにしてもキレイなんですけど。

Outline
 学名
 Buccochromis rhoadesii
 種名
 ブッコクロミス・ローデシー
 成魚サイズ
 25-35cm

 入荷
 マイアミ便(USA)
 タイプ
 ブリード
 購入サイズ
 5cm

Memo
2004年2月10日
最近になってようやくエッグスポットらしきものが見えてきました、フォトでは分かりづらいですがしっかり確認できます。ただしこの種はエッグスポットが確認できても♂だと確定するには、このサイズだとまだ早いようです。
  Bu.ローデシーの写真

2004年3月8日
体のラインが消え黄色が目立つようになってきました、性別に判断についてはこのサイズではまだまだ無理なようです。
  Bu.ローデシーの写真

2004年6月10日
写真では解りにくいのですが、オスの特徴が出る箇所に徐々に色が出てきました。
  Bu.ローデシーの写真

2004年6月27日
エッグスポットも十分確認出きるようになり、オスとしての頭角を現し始めました。
サイズ的には15cm+くらいです。(目測) どこまで大きく成長してくれるか楽しみです。
  Bu.ローデシーの写真

2004年8月27日
やっとここまで発色が進みました、サイズ的には20cm満たないのでこれからがさらに楽しみです。
もう10cm行きたいところです!
  Bu.ローデシーの写真

2004年9月16日
なかなか煮え切らないのですが、日を追うごとに発色が手に取るように進んできました。
  Bu.ローデシーの写真

2004年11月1日
上記の撮影時より約1ヶ月半経過しました。
発色の進み具合もやや減速し、今の環境では限界??
成魚サイズを考えると、まだまだ先はあるのでじっくり大切に飼育し観察を続けたいと思います。

背鰭先端のオレンジが眩しいくらい綺麗です!
  Bu.ローデシーの写真

2005年7月24日 
かなりしばらくぶりの更新になりましたが、順調に成長し現在25cmを超えるくらいです。
エサもよく食べ、混泳でも一切問題が無く、さらに病気もせずここまで成長してくれたことが非常に嬉しく思います。このまま30cmに向かって成長させたいと思います。

 
2007年9月9日 
数日前から体調を崩し、エサ食いも悪く目も白濁し痩せてきました。生き餌などで復活することを願っていましたが、看病の甲斐無く死亡してしまいました。
ローデシーには、特別な思い入れがあり非常に残念でありません。若魚¥1980のマイアミ便ブリード個体でしたが、見事な発色と大型魚ならではのサイズにまで成長してくれました。かれこれ数年飼育していたのですが、水槽という変化の無い環境下で老衰してしまったと推測します。ローデシーは、同族の中でも私にとっては一番の存在であり、最高に飼い楽しみを味わえました。
また機会があれば、是非とも挑戦したいと思ってます!




Home Image Up



index.html index.html