Kouta's African Cichlids Room header_menu2.gif
   

   

本種は、1種1属の魚食性で属名にある「突き出た吻を持つ」特徴的なのシクリッドです。
マラウィ湖全域に分布し、大型系の中でも特にスピーディに泳ぐことができ小型魚を捕食し生活しています。採取量は広範囲に分布しているにも関わらず少なく、日本国内ではドイツ便(Mal-Ta-Vi、CJ Aquarium)を中心とした入荷が最近の傾向ではないでしょうか。

※吻とは、口の付近から先へ突き出していたり伸縮できたりする部分の総称

Outline
 学名
 Exochochromis anagenys
 種名
 エクソコクロミス アナゲニス
 成魚サイズ
 25-30cm

 入荷
 ドイツ便
 タイプ
 ブリード
 購入サイズ
 3.5cm

Memo
2004年6月14日
ドイツブリードを2匹手に入れました、4cmくらいでとても小さいのですがアナゲニスの若魚、成魚は高価なのでチビからチャレンジ!
 

2004年9月5日
♂♀はわかりませんが、7-8cmほどまで成長しました。1匹は他の若魚の餌食になってしまいました、動きが遅いようで逃げ切れなかったと思います。

過去から数えると5匹目くらいになります、この個体は若魚-成魚のステップを踏ませてあげたいです。

 

2004年9月16日
数ヶ月経過して分かったのですが、成長スピードは比較的遅くさらに泳ぐスピードも比較的遅いようです。ある意味長く楽しめるって事でもありますけど。
 


2005年8月1日 
当初♀かな〜と思ってましたがやはり♀でした...。(ちょっと残念)
若魚クラスだと高価でなかなか手が出ませんし、自分の理想の顔形の個体にはなかなか巡り会えません。いつか♂の若魚を手に入れブリードしたいと考えてます。
成長スピードも遅く、やっと10cm(目測)を超え12-13cmくらいまで成長しました。




Home Image Up




Back Home