Kouta's African Cichlids Room header_menu2.gif
   
ティラノクロミス・マクロストマ
   

ティラノクロミスの中でも最も混乱のある内の1種です。
マクロストマとして過去に入手した個体の内、約半分はマクリケプスだった事が後日判明しました。発色の違いは明確ですが、両者の見きわめは結構難しく難航します。
飼育過程ではある程度の違いが見えてくるようになり、マクロストマとマクリケプスを異なった水槽で見比べると顔つきに関してはその差は歴然してきました。まだ自分の中でもハッキリ声を大きくしてまでは言えないのですが....(ショップの水槽で見ると皆同じに見えるんですよね〜:笑)
性格的に見てもそれほど手を焼く事も無いように私は感じます。ティラノクロミスの混泳は、サイズをできるだけ揃える事をお勧めします。

Outline
 学名
 Tyrannochromis macrostoma
 種名
 ティラノクロミス・マクロストマ
 成魚サイズ
 25-30cm

 入荷
マイアミ
 タイプ
ワイルド
 購入サイズ
12cm
Memo
2004年9月26日
20匹ほどマクロストマが入っている水槽内で、1匹だけ模様を消し態度がでかい個体がいましたので持ち帰りました。


今まで私の感覚で選んでいた顔つきをあえて却下した個体を選んでみました。


なぜか水槽に映る自分の姿に興奮し、大きく口を開けてパクパクとやってます。今までのタイプには見ない行動です。たぶん♂かなぁ〜!(笑)




2007年7月9日
しばらく更新さぼってましたが、ここへきて残念なお知らせです。既にBlogでもお知らせしましたが、30cmほどまでせいちょうし、昨日まで元気だった個体が急に体調を崩し、何も出来ないまま約半日で死亡しました。最近はバリバリの発色状態をキープし、私の目を楽しませてくれていたので非常に残念です。
ティラノクロミスの飼育は多少難しいと思うところもありますが、約3年ほどという短い飼育になりました。今後またマクロストママクリケプスには再度挑戦したいと考えており、良い個体と巡り会う日を楽しみにしています。
  ティラノクロミス・マクロストマの写真

ティラノクロミス・マクロストマの写真

ティラノクロミス・マクロストマ





Home Image Up



index.html index.html