Kouta's African Cichlids Room header_menu2.gif
   
   

ティラノクロミス属の中で最も流通しているタイプです、「育てやすい」「発色しやすい」などが主な理由で価格も手ごろ感があります。
同属のマクロストマ、マクリケプスほど口は大きくないようですが、存在感は十分ありとても見応えがあります。雄であれば比較的発色は容易で、混泳下でも十分可能です。

Outline
 学名
 Tyrannochromis nigriventer
 種名
 ティラノクロミス・ニグリベンテル
 成魚サイズ
 25-30cm

 入荷
 マイアミ便(USA)
 タイプ
 ブリード
 購入サイズ
 7cm

Memo
サイズは15cm満たない状態で、完全発色してしまいました。できれば20cm-25cmくらいまで大きくして、見応えのあるサイズを目指したいものです。
 
     
現在20cmを少し切るほどまで成長しました。 実はこの固体、オレンジスポット(普通のニグリ)で購入しましたが、15cm近くになって完全発色したものの肝心のNim.フスコの様な「オレンジスポット」は全く出ていません。
 
     
久しぶりに撮影しました、上記のフォトから約9ヶ月ほど経過しています。
混泳も問題なく少しずつ成長を遂げてます、サイズ的には20cmを少し超えた感じです。鰭の発色している部分が徐々に濃い色へと変化しています、性格的にも問題ありません。この個体に関して言えば非常に大人しい。
 




Home Image Up




index.html index.html